週末のアプリ作成

androidアプリ個人開発者の実態を報告します。アプリの収入も公開中です♪

アプリ作成3年目の年収を報告します

こんにちは、TF's appsです。

今回の記事は読者にもご好評【年収報告】です。

 

第3弾目です。1年目や2年目の年収が気になる方は過去の記事を参照下さいね。

副業を考えておられる方やアプリ作成に興味のある方はぜひ参考にどうぞ^^v

 

◆◇報告の前にお断り◇◆

この収入は私個人のデータです。参考程度に見て下さい。

個人開発をされている方、すべてが同じ結果ではありませんので。

 

ではさっそく報告します。

 

3年目年収は・・・

 

▶▶▶ ¥21,519-

 

 

推移のグラフです。

f:id:TFs_apps:20190928002708p:plain

 

なんと2年目との年収と比較すると・・・

1年目・・・ ¥   402-

2年目・・・ ¥ 3,837-

3年目・・・ ¥ 21,519-

 

成長率

 +560%

  

同じ成長率で4年目を予想すると・・・・

 

¥120,684-

 

えっ!?マジっすか?

副業といっても良いレベルになりますね。

 

まぁでも冷静に考えると、同じ成長率とは考えにくいですね(汗)

 1年目→2年目の成長率+954%

 2年目→3年目の成長率+560%

成長率が半減していますので、まぁ予想は約+200%くらいになるだろうと推測します。なので、4年目はうまく推移して4万円くらいになると思います。

 

まぁ少しずつですが成長しているので嬉しいですね。それだけ見知らぬ人の携帯にインストールされ、その人の生活に貢献(便利さ)できていると思うと、嬉しく思います。

 

最近はモンハンワールドアイスボーンに夢中になっています。

人をこれだけ夢中にさせるゲームに関心しています。

 

私もいつか人を夢中にできるアプリを作れるように、これからも活動をしていきます。実態報告を継続することにより、これからアプリ作成を始める方や、プログラミングを学んでいる方、副業を考えている方の参考になれればと思います。

 

ではまた次回お会いしましょう♪

 

 

 

 

ソフト屋のさが?職業病?私の悪い癖

こんばんわ、TF's appsです。

今回は「私の悪い癖」について紹介します。

 

正直どうでも良い記事です、タイトルで興味を持たなかった方はぜひ最後まで読まない事をお勧めします(笑)

 

居酒屋でのこんな会話です。

私 「嫁の話を聞いていて、つい結論は?」

  「って言ってしまうことがあるんだよね」

 

同僚「わかる、わかる、僕もそう」

 

私 「会社では上司に報告する場合」

  「まず結論を言わないといけないしね」

 

同僚「そうだよ、上司にダラダラ話すのはなぁ」

 

私 「会社と家の切替スイッチがバグった時かな」

  「直さないとね(笑)」

f:id:TFs_apps:20190915132913j:plain

皆さんも経験があるかもしれませんが、

ソフト屋って常に完成したゴールを意識して仕事をしていませんか?

 

明確なゴールがあって、その道をどう作っていくのかを考えてプログラミングしますよね。だから「結論」を急ぐのは職業病なのかなって自身を納得させました。

 

常に目標(=結論)をイメージして仕事をしているわけだし、意識の高い人ですよね。

そうやって自分を褒めて何でもプラスに考えてるようにしています。

 

でも、より良い仕事をするのには「家庭が良い状態」じゃないとできませんので、読者の皆様も家庭や周りの友人を大切にしましょう♪

 

話は最後まで聞いて下さい

 

私は反省するようにします。ではまた次回お会いしましょう♪

 

 

個人アプリの収入を報告します。副業をお探しの方は参考にして下さい。2019年8月

こんばんわ、TF's appsです。

今回の記事は2019年8月のアプリ収入を報告します。

 

なんとその額・・・・

¥2,280-

      (2019年8月)

 

・・・でした(*_*)

 

先月よりアップしましたが、

う~ん、まぁこんなものですよね、私の実力としては。

この記事の最後でも報告しますが、新作アプリもリリースした事ですし、今後の活躍に期待したいところです。新作アプリは今のところ広告を貼っていないので0円です。

 

毎月のように月収ブログで報告していますが、 

私の夢・・・

毎朝、南国で波の音を聞きながら

コーヒーを片手にプログラミングしながら

生活をすることです。

 

・・・

・・・

今のところ全く無理ッス

・・・

・・・

 

↓↓↓今までの経緯です。

f:id:TFs_apps:20190904225139p:plain


 

いつもの通り昨対比を報告します

 

2019年8月 ¥2,280-

 ▶▶▶ 237%

     (2018年8月:¥959-)

 

まずまずの成長率です。

 

同じ成長率で2020年8月を予想すると

 ▶▶▶ ¥5,420-

     ( = ¥2,280- × 237%)

 

う~んかなり現実味のある数字ですが、

来年は5,000円の山が越えられるでしょうか...

 

ここで新作アプリの紹介をしておきます。

10月の増税に対応した価格比較アプリです。

1円でもお得に買い物したいあなたにぜひどうぞ♪

 

価格比較 どちらがお得 TAX 軽減税率対応

f:id:TFs_apps:20190828224222p:plain

DLは下記URLより

https://play.google.com/store/apps/details?id=tfsapps.whichprice&hl=ja

 

f:id:TFs_apps:20190828224331j:plain

 

これからはこのアプリが船頭して、他のアプリを引っ張ってほしいですね。

近日中にバージョンアップ予定です。

 

 

 ある個人アプリ開発者の実態報告でした。

これからも随時アプリ収入を報告していますので読者の方もよろしくお願いします。

 

ではまた次回お会いしましょう♪

 

なぜ個人でアプリを作るの?メリットは?

こんばんわ、TF's appsです。

今回の記事は「なぜアプリ開発をするの?」をテーマにしていきます♪

 

最近アプリをリリースして、ふと我にもどりました。

なぜアプ開発を作るのだろう?

なんか良いことがあるのか?

なぜこんな活動をしているのか?

 

◆最近リリースしたアプリ

価格比較 どちらがお得 TAX 軽減税率対応

https://play.google.com/store/apps/details?id=tfsapps.whichprice&hl=ja

f:id:TFs_apps:20190830233946p:plain

 

私の中で

なぜアプリを作るのか?を正直ベースで考えました。

 

1.南国でコーヒーを片手にアプリの収入で暮らしたい。

2.プログラミングを勉強したい(スキルを高めたい)

3.見知らぬ人の生活に欠かせないアプリを提供したい。

4.匿名で活動しているため自身の市場価値を確かめたい。

5.アプリを作っている事を自慢したい。

 (現在の所、嫁以外には誰にも公表していません)

6.自身が生きた痕跡を残したい。

7.子供が物心ついた時にオヤジが偉大である事を証明したい。

8.アプリ作成が好きだ。(趣味だ)

9.アプリ作成が好きだ。(趣味だ)

10.アプリ作成が好きだ。(趣味だ)

 ・・・・

 

やっぱ

もうこれしかない!!!

 

while(1)

{

 アプリ作成が好きだ。

}

 

やっぱり「アプリを作る事」が好きなんだぁ~っと改めて感じる。

最近・・・子供からの30年近い趣味であるゲームよりも

アプリ作成やブログ作成が楽しいです。

 

人って変わるんだなぁっと自身をモルモットにして改めて痛感しています。

 

きっと人はいつでも探求心を忘れられないDNAが自然に刻まれているのだと思います。ゲームでも新しいゲームをしたくなるし、アプリ作成も新しいアプリを作りたくなる。

 

新しい事を知る事は、人の三大欲求「食欲」「睡眠欲」「性欲」と並ぶくらいの欲求だと思います。

 

本記事の結論

それは「アプリ作成が、私にとって欲求である」という事です。

 

これに勝る理由はありませんよね?

自身の気持ちが整理できて良かったです。

 

個人でアプリ開発をしている方、今一度、自分の気持ちと向き合ってみてはいかかでしょうか?

 

「なぜアプリを作成するのか?」

きっと私のようにスッキリすると思います。

 

ではまた次回お会いしましょう♪

 

消費税 10% 軽減税率を有効に使いお得に買い物しましょう♪

こんばんわ、TF's appsです。

今回の記事は、約1年半ぶりに新作アプリを作成しましたのでその紹介をします。(今までのアプリに機能をアドオンしただけですが・・・)

 

皆さんもご存知のように2019年10月から消費税が10%となります。

またこれに合わせて軽減税率も導入されます。

 

Wikipediaより抜粋◆

軽減税率とは、主に物品に変わって採用された消費に関し、低所得者対策を目的として一部の対象品目には標準税率から軽減した税率を適用すること。

 

つまり10月より税率10% と 8%混在するという事です。

 

まさに今回のアプリはこの部分に着目してアプリを作成しています。

誰でも1円でも安くお得に買い物したいですよね~^^v

 

いつもながら前置きが長くなりましたので(汗)

さっそく新アプリの紹介をします。

 

 

「価格比較 どちらがお得 TAX 軽減税率対応」

◆ダウンロード

https://play.google.com/store/apps/details?id=tfsapps.whichprice&hl=ja 

f:id:TFs_apps:20190828224205p:plain

 

◆アプリの説明

1円でもお得に買い物をしたいあなたにお勧めします!!

 ☆増税10%でもお得に☆
 ☆低減税率に対応☆

従来の単位価格比較だけでなく、レストランでの食事とテイクアウトの食事、どちらがお得かもこれで計算できます。増税でもお得に買い物しましょう♪

容量(例 g,ml,cm,個,箱,枚,切など)、割引(例 〇%OFF,〇円引き)、税率(例 8% or 10%)を設定して2つの商品を比較、総合的にどちらが「お買い得」かを計算する価格比較アプリです。

 

◆画面イメージ

f:id:TFs_apps:20190828224331j:plain

 

◆アプリコンセプト

消費税10%と8%で価格比較したいことがありますよね?

例えば、レストランA店で食べるピザ(店内飲食:税率10%)と、B店で出前したピザ(テイクアウト:税率8%)、どちらが安くてお得?

 

単位価格で比較したいことがありますよね?

A店で500mlの洗剤と、B店で700mlの洗剤、単位価格当たりでは、どちらが安くてお得?

 

 

実はこのアプリ・・・

 

 お蔭様で現在「2070 DL」で推移している

類似アプリ「価格比較 どちらがお得 (金額計算アプリ)」に税率設定の機能を追加して、UI部分の整理をしただだけです。

 

本当はこのアプリをバージョンアップしたかったのですが、今までの機能を全て残した状態で、さらに税率設定機能を設けるのは、見た目がよくならなかったので断念しました(涙)。

 

使い勝手を悪くしてまでバージョンアップは良くないと判断しました。 

気持ちを新たに新アプリとして、8月25日リリースしました。

 

法律改定ビッグウェーブ(消費税アップと軽減税率)に上手くサーフィン出来ればと思っています。

 

気になった方はぜひ一度お試し下さい。

ではまた次回お会いしましょう♪

 

 

 

あなたも個人アプリを作ってみよう♪ きっと毎日が楽しくなります。

こんにちわ、TF's appsです。

クレームばかりで本業の仕事が嫌になる今日この頃です。

そんな本業とは違って趣味(アプリ作成やブログ作成など)の方は毎日が刺激のある日々です。

 

そんな個人アプリを作ってみて楽しかった事を今回の記事では紹介したいと思います。プログラミングを始めようと考えている方、アプリを作ってみようと考えている方、ぜひそんな方々の背中をおす記事になれればと思います。

 

1.検索すれば自身のアプリがヒット

私の場合はAndroidのアプリを作っていますので、Google Play Storeに自身のアプリが掲載されます。また自分の知らない所でそれ以外のサイトでも紹介されてたりします。

自身のアプリ名をGoogleで検索すると面白い発見があったりします。

 

自身がリリースしたアプリ一覧です。デベロッパー別のサイトがいつの間にか出来ています。

f:id:TFs_apps:20190818103611p:plain



”価格比較”で検索して上位3にヒットしていました。いつの間にが上昇している(笑)

f:id:TFs_apps:20190818103825p:plain

 

2.毎日のインストール状況が分かる

開発者向けの専用サイトがあり、このサイトにアクセスすると、日々のインストール数が調べることができます。何人が自身のアプリサイトを訪問してインストールしたのかや、どの国でどの端末でインストールされているのか などが分かります。

 

ここ一週間のインストール数状況がわかります。

f:id:TFs_apps:20190818104108p:plain

 

3.毎日の広告収入が分かる

私のアプリにはAdMobの広告を貼っています。そのためほぼリアルタイムで何人が広告を見ていて、何クリックしたのか などがわかります。

暇があればAdMobを見てしまうのは、個人アプリ開発者のあるあるだと思います。思わぬ収入があった時はひとりでガッツポーズしてたりしますね、変な人ですよね(汗)

 

f:id:TFs_apps:20190818110021p:plain



上記以外にもまだまだ楽しみはありますよ~!!

 

ユーザー様からのレビューコメントがあったり、

同じ開発者の人との交流があったり、

自然とプログラミングスキルが付いていたり、

 

あと知り合いにアプリ作って公開していますよって言ったら「すごい!!」って反応になったりします。本業で機械制御のソフトを作っていますが、そうはならないので、面白いですね。

 

何はともあれ、どんな事でもチャレンジする事が大切です。

踏み出した一歩はどんな事であっても無駄にはなりません。

 

どんなシンプルなアプリでも良いです。

公開する事が大事です。

 

(何もしない) → 1(公開する)

 

この0と1の差には「雲泥の差」があります。

リリースすればその「1」をカスタマイズして、2や3にバージョンアップしていく事が可能です。「0」であれば何も出来ませんので。 

 

いかかでしょうか?今回の記事はアプリ作成がきっと楽しくなる事について紹介しました。夏休みはあと少しですが、学生の人も社会人の人も、今回の記事を読んでアプリ作成をしてみようと考える人が一人でも多くなれればと思います。

 

ではまた次回お会いしましょう♪

 

Android アプリ作成 オススメの本について 私の聖書を紹介します☆

こんばんわ、TF's appsです。

 

今回の記事では私のandroid先生を紹介したいと思います。この本とのきっかけで今の私があると言っても過言ではありません。

 

最後の方にも少し私の考えを書きますが、何かしらやり遂げる事には、必ず良いインプットがあるはずです。良いインプットがないと人の気持ちは萎んでいき、最後まで行動する気持ちが続きません。

そこで、今回は「良いインプット=本」という形の記事となります。

 

 

ではさっそく私のバイブルを紹介したいと思います。

この聖書となります☆

(私が持っている本はこの旧式タイプとなります)

Androidプログラミングバイブル SDK 7/6/5/4対応 [ 布留川英一 ]

価格:3,672円
(2019/8/16 22:57時点)
感想(0件)

 

布留川英一先生」Google先生にはいつもお世話になっております。

 

 

◆この本の良い所

出来る事が一通り丁寧に記載されている感じです。やりたい事を辞書変わりに調べることが出来て重宝しています。

・基礎

 プロジェクトのインストール

 ビルド方法

 USB経由のデバッグ方法 など

 

・基本API

 文字列、図形、イメージの描画

 キー、タッチ、ジェスチャーイベントの処理 など

 

ユーザーインターフェース

 テキストとイメージビュー

 ボタンとダイアログ

 チェックボックスラジオボタン、スピナー

 エディットテキスト

 WEB、マップビュー

 メニュー、オプションメニュー、リストビュー

 フラグメント など

 

・データの読み書きと通信

 ファイル、データベースの読み書き

 プリファレンスの読み書き

 HTTP、ソケット、BluetoothNFC通信 など

 

・デバイス制御

 カメラの制御

 位置情報の取得

 モーションセンサーの制御

 ホームスクリーン

 ライブフォルダ など

 

サウンドとムービー

 サウンドとムービーの再生

 録音と録画 

 音声認識 など

 

・アプリケーション作成

 サンプルアプリ作成

 

 

◆もう少し情報が欲しい所

強いて言うならば、UIとなる各種エレメント(ボタンやテキストボックスなど)のレイアウト調整する情報が乏しいので、もう少しあればさらに良本になると個人的には思います。

初心者の頃の私はこのレイアウト調整に凄く苦労した記憶があります。思った位置にエレメントが配置できないので「なんで、このボタンが左に寄るねん(怒)」っとなっていました。

 

 

 

いずれにしても、私はアプリ作成する上で一番参考にした本ですので、もし興味のある方がいらっしゃたら一度お試しを!!

 

いかがでしょうか、今回の記事は「本の紹介」でした。何かを始める時、人は会話やインターネットや本など、何かしらの情報をインプットします。そのインプットした情報がより有効な情報であればこそ、興味が湧き、次のアクションへのエネルギーになると思います。

 

これから始める方にとって今回の記事が良い情報としてインプットされますように。

ではまた次回お会いしましょう♪